研修メニュー

Eggコミュニケーションは、幼児教育施設専門の研修事業を行っています。全国の保育園・幼稚園・こども園の職員育成を目的に、カウンセリング・人材採用面接のアドバイス・研修企画・知育指導カリキュラムの提供など、それぞれの園に合ったご提案を行います。

階層別おすすめ研修

新任職員1年 ぴよぴよクラス
2~3年
   よちよちクラス
4~5年   スキップクラス
6年以上(リーダー)ジャンプクラス
施設長・管理職   ハグハグクラス ※対象目安

カテゴリー     おすすめ研修       クラス
ぴよぴよ 

よちよち 

スキップ 

ジャンプ 

ハグハグ 
マナービジネスマナー<基礎編>       
保育者マナー<実践編>    
コミュニケーション         コミュニケーション
部下も上司も自分からする
「ホウレンソウ」
相手に配慮した自己主張
「アサーティブコミュニケーション」
子どものための「保護者支援」
状況を悪化させない
「クレーム対応」の極意
子どもとの
コミュニケーション
   
気になる子への接し方を考える
「発達支援」
就学準備の知育指導
おりがみの指導の仕方研修
モチベーション主体性と考える力を育てる ~気がつく 気が利く 人材育成~
こころのサポート「メンタルヘルス」
スキルアップ文作りのコツを習得
「文章力アップ」
保護者の前で自信を持って
「プレゼンテーション」
生産性を高める職員会議の進め方
「ファシリテーション」
筋道立てて論理的に説明する
「ロジカルシンキング」
部下後輩育成OJTをはじめる準備
「OJT導入事前講座」
OJTの進め方
OJTリーダーフォローアップ  
     
新卒・若手のマネジメント
次世代リーダー育成「目指すリーダー像とキャリアプラン 」
怒りをコントロール
〜感情に支配されないセルフマネジメント~
それって、指導?ハラスメント?
「ナーサリーハラスメント防止」
マネジメントマニュアル見直し・作成
組織の課題を表面化
「問題発見と対策」
管理職のタイムマネジメント
リスクマネジメント
「ヒヤリハットを防ぐ・事例から学ぶ」
     
研修テーマ一覧

ビジネスマナー
<基礎編>

    
組織人としての心構え・コンプライアンス・一般的なビジネスマナーの型や心構え・プライベートでも役立つ”しぐさ美人の法則”など、現代に合ったマナーを学びます。
新人若手に限らず、ベテラン職員の方には、しきたりができた由来も交え、マナーの移り変わりを確認し、後輩指導に役立てていただけます。

保育者マナー
<実践編>


園児のお手本となる振る舞い、保護者や見学者、実習生、取引先など、園にかかわる方々と接する際のマナーを考えます。
保育業界は特有な場面もあり、職場でありながら、家庭的要素も求められますので、一般的なビジネスマナーを応用できるようになりましょう。


コミュニケーション
<基礎編>


コミュニケーションには”ズレ”があります。その”ズレ”を無くすにはどうしたらよいでしょうか。コミュニケーションの定義・チームワークの重要性・傾聴力・質問力・話す力の基礎を学び、職員や保護者との良好な人間関係を築くことを考えましょう。

コミュニケーション
<ゲーム編>

    
絵本やブロック、ロープなどを使った体験型のゲームを通して、職員間で必要なコミュニケーションやチームワークの大切さを体感します。教材製作課題では、みんなで計画を立て(Plan)、製作し(Do)、計画に沿って実施できたかを評価したら(Check)、評価で明らかになった課題について改善点を考えます(Action)。

部下も上司も自分からする「ホウレンソウ」


園長先生へトラブルが起きた際の報告、職員同士が安心できる連絡、自分の意見をもった相談の仕方など、報告・連絡・相談に特化した研修内容です。
伝えるタイミング、わかりやすく短く伝える方法、言葉の選択など、トラブル事例を用いて考えます。

相手に配慮した自己主張「アサーティブコミュニケーション」


「言いたいけど言えない…」「ガツンと言わなくちゃ」「言ってしまってから後悔」などのストレスを軽減するにはどうしたらよいでしょうか。
アサーティブ(アサーション)という自他尊重のコミュニケーションの取り方があります。相手に配慮しつつ、自分の意見を伝えるにはどうしたらよいかを考えましょう。

子どものための「保護者支援」

    
園児に対して、安定的な育児ができるように、保護者を支援することを考えます。保育指針・教育要領を確認し、カリキュラム検討のポイントやCS(保護者満足度)を高めるためのマナーやコミュニケーションについても学びます。

状況を悪化させないクレーム対応の極意


まずは「未然防止」のために、日頃から気をつけることを確認します。
クレームやご意見をいただいたとき、冷静に「対応する」ための4段階の手順を覚えておくことで、相手との関係を悪化させないようにします。
園で実際にありそうな事例から、相手の心情を考えた対応方法を考えます。

気になる子への接し方を考える<発達支援>


十人十色というように、それぞれ個性や家庭環境、その時期の情緒などで、不安定になることがあります。
障がいのある園児、その可能性のある園児、外国人幼児などに対して、可能な療育・支援を考えましょう。  

就学準備の知育指導

    
就学準備のための知育指導を、園のおもちゃや簡単に用意できる教材を活用し、遊び感覚で楽しく学ぶ方法をお伝えします。
年齢に合わせ、系統立てた指導カリキュラムを提供いたします。
園児個々への言葉掛けと、クラス全体のまとめ方など、園児とのコミュニケーションの取り方も学ぶことができます。
いっしょに教材を作ったり、カリキュラムを検討したりするなど、先生のアイディア力を養うこともできます。

主体性と考える力を育てる ~気がつく 気が利く 人材育成~


新人には、やるべきことを正確に、期限を守ってやることが求められます。そこからステップアップして、気がつく、気配りができる、自分の意見を持って判断できる、という”主体的”な行動が期待されるようになります。まずは、観察力を養い、多面的複数の考えを導き出したら、優先順位をつけて選択し、判断・行動することができるようになりましょう。

こころのサポート「メンタルヘルス」


仕事や人間関係の悩みからくるストレスで、不調にならないために、さまざまな予防法や解消法の情報、リラックスヨガの実践などで、自分に合った「セルフケア」を探しましょう。
管理職の方々は、組織で取り組む体制作り「ラインケア」についても考えます。

文作りのコツを習得「文章力アップ」

    
書類作成が多いのに、短時間で文章を考えるのは大変です。語彙数を増やし、言葉遣いや文章構成の技法を習得したら、相手に伝わるわかりやすい文章を作ることができます。
おとぎ話を要約したり、おたより帳やクラスだより、カリキュラムなどの添削などで、文作りのコツを身につけましょう。

保護者の前で自信を持って「プレゼンテーション」


保護者懇談会など、多くの方の前で、うまく話せるようになりたいですね。
緊張をできるだけ抑え、決められた時間内でまとめ、理解を促すためには、話す内容(プレゼン資料)の準備と話す練習(話すスピード・表情・しぐさなど)をしましょう。
研修会など、園を代表して発表する場でも役立ちます。

生産性を高める職員会議の進め方「ファシリテーション」


職員会議や保護者懇談会などで、誰も発言しない、反対意見や不満ばかりが出される、など困ったことはありませんか。反対意見や不満を吐き出してもらうことは貴重です。様々な意見を出してもらい、そこから合意形成に至るようにする進行の仕方、まとめ方のポイントを学びます。

筋道立てて論理的に説明する「ロジカルシンキング」

    
物事が整理分析されていること・論拠が示されていること・筋道を立てて矛盾がないことが「ロジカルシンキング」です。正論であっても、ストレートに伝えればよいというものではありません。相手にとってわかりやすく納得感のある伝え方を考えましょう。ロジカルシンキングを身につけ、生産性の向上と人間関係構築を目指します。

OJTをはじめる準備「OJT導入事前講座」


施設長・OJT責任者向けの講座です。OJT導入前に決めておく目的・ルール・スケジュールなど、リーダーの選任・新任職員受け入れまでの準備・育成計画の立て方・施設長のかかわり方まで、各園の理念方針に沿って考えます。育成計画『マスタープラン』や『成長記録表』『OJTリーダーチェック表』などのフォーマットをご活用いただけます。

OJTの進め方・OJTリーダーフォローアップ


「OJT導入事前準備講座」後、実際に担当するOJTリーダー向けの研修です。
育成計画『マスタープラン』の作成・リーダーコミュニケーションのポイントを学びます。
半年後のフォローアップでは、これまでを振り返り(PDCAのCheck)、再度計画を練り直します(Action)。

新卒・若手のマネジメント

    
「知っていて当然でしょう」と思うことでも、新卒・若手世代とは育ってきた環境が異なるため、入職時の知識や経験に差があります。そのため、今の時代と個々のタイプに合ったコミュニケーションで、育成する必要があります。

次世代リーダー育成
「目指すリーダー像とキャリアプラン 」


求められている”リーダー”としての役割を認識し、目指すリーダー像を具体化しましょう。メンバーのやる気を引き出し、チームの活性化を図るための統率力を養います。プライベートを大切にしながら、これから実現したいことやなりたい自分を描き、実現に向けてどのように取り組んでいくか、キャリアプランを考えます。

怒りをコントロール〜感情に支配されないセルフマネジメント~


3つの方法で、自分の感情の変化や怒りの傾向を知り、客観的に捉えてみます。パワーハラスメントを起こさないための知識と理解を深め、感情に支配されないセルフマネジメントの方法を学びましょう。

マニュアル見直し・作成

    
職員によってやり方が違う、結果に差が出てしまう、属人化しているなどの問題を、マニュアルを効果的に活用することで解決します。既存マニュアルの評価や新規マニュアル制作のお手伝いをします。

組織の課題を表面化「問題発見と対策」


【階層別】業務の問題、人間関係の問題、能力の問題など、避けたり後回しにしている問題を洗い出すことから始めます。その問題がなぜ起きるのか、現状分析と原因の追究方法を考えます。優先順位をつけ、取り組む課題を選択し、対策と実施計画を立てましょう。

管理職のタイムマネジメント


限られた時間で、最も効率的に仕事を進めるために、これまでの習慣を見直しましょう。自分に向いていて、継続できる方法を試してみます。例えば、仕事を洗い出し、優先順位をつけ、アポイントメント管理とタスク管理で計画を立てます。整理整頓や業務の進捗管理のポイントも考えます。

リスクマネジメント「ヒヤリハットを防ぐ・事例から学ぶ」

    
1件の重大事故の裏には29件の軽微な事故と300件のケガに至らない事故があるといいます。
ケガに至らなくてよかったというのではなく、リスクを洗い出し、ヒヤリハットを防ぐための組織的な仕組みを考えましょう。

🐣 テーマごとの詳細はこちら
気になる子への接し方を考える ~子どもの発達に合わせたコミュニケーション~
こころのサポート『メンタルヘルス』
リスクマネジメント「ヒヤリハットを防ぐ・事例から学ぶ」